市が市道として認定していることを証明するものが

市道認定証明書です。

これが何のために必要かという話ですが、多くの場合は

金融機関へ融資を申請する際に要求されます。

例えば、ある土地を売買する際に、その土地の前の道路の

所有者が市であれば、何の問題もないのですが、

道路の所有者が個人である場合があります。すると、

所有者である個人が将来、私権を行使して

その道路上に建物などを建ててしまうことも

ありうる訳です。そうなると、その道路の土地に面して

いる土地の所有者には建物を建てられない土地になって

しまうのです。いわゆる建築基準法にいう接道義務が

果たせなくなるということです。

そんな懸念のある土地を購入する際に金融機関は

住宅ローンを融資してくれません。

しかし、市がその土地を市道として認定し、道路台帳に

載せているのであれば、話は別です。なぜなら、道路法で

私権の行使が制限されているからです。

そして、それを証明してくれるのが、市道認定証明書です。

当事務所もさまざまな証明書取得代行を行っております。